時代を超えて“今聴くべき”レコードとは? レコードショップ型インスタレーション『Vinyl Tour』

世界8ヵ国からインデペンデントなレコードレーベルを迎えたレコードショップ型インスタレーション『Vinyl Tour』が、東京・日本橋の「T-HOUSE New Balance」にて開催される。

本インスタレーションは、築122年の歴史がある蔵を活用し、現代的な建築と融合させた「T-HOUSE New Balance」のストアコンセプトからインスピレーションを受け、現在では入手困難なレア盤など約100枚にも及ぶ様々なジャンルと年代のアナログレコードを、各レコードレーベルそれぞれが個性的にセレクトし販売する。

参加するレーベルは、ハワイ・オワフ島の「Aloha Got Soul」、オランダ・ロッテルダムの「Chillhop Music」、イギリス・ロンドンの「Far Out Recordings」、イタリア・ローマの「Schema」、ドイツ・ベルリンの「Sonar Kollectiv」、フランス・パリの「Roche Musique」、アメリカ・ロサンゼルスの「Innovative Leisure」、日本の「Rambling RECORDS」。期間中、店内には8レーベルそれぞれのレコード棚や、レコードを手にとって試聴することができるソファスペースも併設され、時代を超えて“いま聴くべき”各国のレコードを通して、世界を旅するように新しい発見をもたらす空間に。

なお、本インスタレーションのアートワークは、現代美術作家・加賀美健が担当。世界8ヵ国から迎えるレコードレーベルをひとつのライブツアーのポスターのように捉えたビジュアルに加え、それぞれのレーベルのロゴが加賀美健のユーモア溢れるテンションで描かれている。

<Vinyl Tour>
会期:11月25日(金)〜2023年1月17日(火)
会場:T-HOUSE New Balance
住所:東京都中央区日本橋浜町3-9-2
時間:月・火 11:00〜14:00、15:00〜19:00/金・土・日 11:00〜19:00
※水・木は定休日、12月28日(水)〜1月5日(木)は年末年始休暇

TAGS