浦沢直樹 × 手塚治虫の名作『PLUTO』 Netflixで待望のアニメ化が決定

名作漫画『PLUTO』を初めてアニメーションシリーズ化した作品が、Netflixにて独占配信される。

『20世紀少年』『YAWARA!』『MASTERキートン』(脚本:勝鹿北星・長崎尚志)など数々のヒット作を生み出している鬼才・浦沢直樹が、漫画の父と称される手塚治虫が生み出した『鉄腕アトム』の一篇『地上最大のロボット』(1964年)を原案に、長年作品を共につくってきた長崎尚志をプロデューサーに迎え、葛藤しながら描き上げた傑作『PLUTO』(2003年)。

人間と高性能ロボットが完全に共生する近未来で起こる上質なサスペンスドラマは、【手塚治虫文化賞マンガ大賞】をはじめ、「2011年アングレーム国際漫画フェスティバル」にて【インタージェネレーション賞】を、その他【ACBDアジア賞】を受賞するなど国内外で高い評価を得ている。2015年には舞台化され、2018年には好評につき再演を果たし、日本はもちろん、イギリス、オランダ・ベルギーと欧州ツアーも敢行された。多くのファンに映像化を待ち望まれていた作品がついにアニメとして表現される。

誕生から20年となる『PLUTO』がアニメ化されるにあたり原作者の浦沢直樹は、「今回のアニメ化に挑むスタッフの皆さんの勇気に心から拍手を送るとともに、新たな『心の作品』の誕生に心躍っています。今こそ手塚治虫さんのメッセージが世界中に届きますように」と自らの創作時を振り返りながら、世界へ『PLUTO』を届けることに期待を寄せた。原作プロデュースを手掛けた長崎尚志は、「『PLUTO』はその手塚哲学を受け継ぎ、ただ反戦を訴えるのではなく、そこには痛みがともなうこと……それでも平和しかないということを世に問いたい作品なのだ」と物語に込められた想いに触れた。

また、父・手塚治虫の意思を引継ぎ本作の監修を務める手塚眞氏は、「これは新しい浦沢アニメであると同時に、新しい手塚アニメでもある。アニメの進化形をどのように見せてくれるか、とても楽しみだ」とアニメの新たな1ページに期待を寄せた。

解禁となった本作の制作決定PVは、物語の主人公であるユーロポールのロボット捜査官・ゲジヒトと、彼が追うある事件に関わるアトムとウランという二人のロボットが登場。いったいどのようなドラマが描かれるのか期待が高まる映像となっている。

映像に登場したキャラクターたちを演じるのは、ゲジヒト役にスパイ映画の金字塔『007』シリーズや映画『ナイブズ・アウト』シリーズで好演を博したダニエル・クレイグの吹き替えを担当している藤真秀、アトム役に「SHAMAN KING」(2021)の主人公・麻倉葉や「けいおん」の秋山澪など幅広い演技経験を持つ日笠陽子、そしてウラン役は「マクロスΔ」にてヒロインのフレイア・ヴィオンを演じ、今年歌手活動5周年を迎えた鈴木みのりが抜擢された。

TAGS