スヌープ・ドッグ × 起業家ゲイリー・ヴィー 異色のコラボ楽曲『Please Take a Step Back』

ラッパーのSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)と起業家/ベストセラー作家にしてビジネス系YouTuberの“GaryVee(ゲイリー・ヴィー)”ことGary Vaynerchuk(ゲイリー・ヴェイナチャック)がコラボレーションを果たした楽曲『Please Take a Step Back』をリリース。

この曲は、スヌープ・ドッグのラップと、SNSを活用してビジネスで成功した自身の経験を活かして世界各地で講演なども行うゲイリー・ヴィーのメッセージが融合した異色のコラボレーション曲となっている。音楽プロデューサーはRichie Soufが務めた。

ゲイリーの動画を集めた公式チャンネル「GaryVee Video Experience(ゲイリー・ヴィー・ビデオ・エクスペリエンス)」で公開されている本楽曲は、スヌープが滑らかなフロウでポジティブなラップを聴かせるパートに続き、ゲイリーの「Monday Morning(月曜の朝)」をテーマにしたスピーチ音声が収録されている。楽曲タイトルになっている「Please take a step back(一歩退いてみてください)」は、この有名なスピーチから引用された言葉だ。

ゲイリーによる月曜朝の憂鬱を吹き飛ばすスピーチは、「これが人生最後の月曜の朝だと言ったらどうする? 君は今週死ぬと言ったらどうする? クソみたいな仕事や、受けたくないテストについて愚痴るだろうか? そうは思わない」というメッセージから始まる。「月曜の朝に悲しそうにうつむく心理がわからない。月曜朝を“土曜”に変えよう」と、現在が楽しめずに不満がある状況なのであれば、“一歩引いてよく考えてみてほしい”というメッセージが込められている。

「Please take a step back and think about how awesome it actually is(一歩退いて、実際はいかに素晴らしいかということを考えてみてください)」「そうすると、あなたはまったく別のやり方で世界に挑戦できることに気づくはず。あなたはこの時代に生まれただけで十分幸運なのだから」という言葉が続く。せっかく多くのチャンスがある世界に生きていて、インターネットがさらに多くのチャンスを生み出してくれる環境にあるのだから、それを活用しない手はない……というゲイリーの考え方を伝えている。

聴く者がポジティブな生き方を考えさせられる本楽曲についてゲイリーは、「スヌープのいちファンとして、30年間にわたり彼の音楽は私の人生の一部にあった。18歳のときの自分が今どういう気持ちかなんて伝えきれない」と今回のコラボに興奮する気持ちをプレスリリースの中で明かしている。そして、「『Take a step back』は、15年にわたり私のコンテンツに組み込まれてきた考え方だ。私のコンテンツの中で“辛抱強さ”について語るときはいつもそう伝えるんだ」ともコメントしている。

TAGS