日本の伝統行事“節分”から着想 NIKE新作『Dunk Low Prm “Setsubun”』がリリース

東京発のスニーカーショップ「atmos(アトモス)」より、NIKE(ナイキ)の新作『Dunk Low Prm “Setsubun”』がリリースされる。本モデルは、日本の伝統行事である“節分”を記念した一足となっている。

屋内コート用にデザインされ、その後ストリートに羽ばたいたバスケットボールのアイコン的シューズの「ダンク」。新作モデルは、炒った福豆を投げる伝統にちなんで、光沢のあるひび割れ加工レザーとヌバックのオーバーレイで豆の質感を再現、かかと部分には角大師のイメージを刺繍している。レイヤードアッパーに使用した上質なレザーは、わずかに光沢があり、時が経つにつれて完璧な仕上がりに変化するプレミアム感あふれるディテールとなっている。

また、大胆なカラーブロックで、オリジナルモデルに採用されたスクールチームのイメージを再現。ラバー製のアウトソールには、定番のバスケットボール用ピボットサークルを配置し、伝統のスタイルを守りながら、耐久性とトラクションを向上した一足となっている。

本モデルは、2月3日(金)よりatmos各店(一部店舗除く)、公式オンラインサイトにて発売される。1月28日(土)より抽選受付開始。

TAGS