“芸能界ケンカ最強”はホント? 本宮泰風、本人に聞いてみた

芸能界最強」を噂される男、本宮泰風の真実に中山秀征がせまった。警備保障の株式会社ERによるYouTubeチャンネルで公開された『中山秀征のヒデワーク』の動画での一幕だ。
日本極道界統一を目指す作品『日本統一』で主演を務める本宮は、中野英雄、的場浩司、山口祥行とともに「ネオVシネ四天王」と呼ばれており、その中野も本宮の最強説を公言。

警備保障 イー・アール presents中山秀征のヒデワーク/YouTube

中山が“顔面凶器”の小沢仁志も本宮が最強だと語っていることに触れると、本宮は「どこでどうなってるんですかね(笑)」「口喧嘩じゃないですか?」とトボけたが「喧嘩はやってみないとわからない」と、喧嘩経験者でなければ出てこない発言をして中山を苦笑させた。

すると本宮は「僕は喧嘩が強いとか弱いじゃなくて」と前置きをして、「こんなに偉い人には……」といった、立場的に強い人に対しても忖度なしに意見が言える人間なのだと説明。

若手時代には理不尽なイジメも経験したが「なんでこういうことするんですか?」と意見を言ったとことを明かすと、中山は本宮の言動で助けられた人がいるからこそ「強い」という噂が立ったのではと分析をした。

しかし「“そんなに”人の前で殴ったりとかはしてない」と意味深に語る本宮に、中山が「(全く)してないですよね?」とせまると「ゼロじゃないですけど」とポロリ。

現在は総合格闘チーム「本宮塾」塾長を務めている本宮は、若いときは格闘技の試合を観て「このくらいイケるだろう!」と思っていた時期もあったが、プロのトップ選手との練習をしていくうちに「そういう考えすら失礼。人生をかけてやっている人たちとは違う」と、リスペクトを抱くようになったことも明かしていた。

YouTube

TAGS