自称リベンジポルノ王 『インターネットで最も嫌われた男』とは何者か?

「Tinder詐欺師: 恋愛は大金を生む」「猫イジメに断固NO!: 虐待動画の犯人を追え」の制作陣が放つ衝撃のNetflixドキュメンタリー『インターネットで最も嫌われた男』が、7月27日(水)より配信される。

Netflix Japan/YouTube

本作は、復讐ポルノサイトに娘のヌード写真を投稿された1人の母親と、「復讐ポルノの王」と名乗る男との飽くなき闘いを追う3部構成のドキュメンタリーシリーズだ。製作総指揮はアレクサンデル・マレンゴ(「スポーツ界の闇: 八百長に手を染める人々」「殺人犯の視聴率」)。

自らを“他人の人生を壊すプロ”と呼ぶハンター・ムーアは、2010年代初めに悪名高い復讐ポルノサイト「IsAnyoneUp.com」を開設し、一躍有名になった。このウェブサイトには、不特定多数の男女の性的な写真が、多くの場合本人の許可なく掲載され、彼らの人生を破壊した。しかしムーアには、この低俗で卑劣な行いを支持する、大勢の熱狂的な信者がいたのだった。

ウェブサイトに投稿された自分の写真を削除しようと必死に戦った複数の男女や、この事件を担当した捜査官たち、そしてムーアを完全に打ち倒そうと戦い抜いた人々の戦いの記録が描かれる。2010年前後、無法地帯のインターネットで人々が正義を求めて団結し、驚くべき秘密を暴き出した。ネットに蔓延るリベンジの罠、そこでは誰もが標的となる、もちろんハンター・ムーア自身も。

インターネット上の荒らしにも負けない、娘を守る母の想いという強い力によって、悪意に満ちたこのサイトを閉鎖し、ムーアに正義の鉄槌が下されるまでの長い戦いを描く。

TAGS