世界的NFTアート『MAYC』のアイコンを利用したコミュニティースペースが都内某所に誕生

世界的なNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(ボアード エイプ ヨット クラブ/BAYC)」に用いられている猿のキャラクターが“突然変異した”というコンセプトで誕生した「Mutant Ape Yacht Club(ミュータント エイプ ヨット クラブ/MAYC)」。そのアイコンを日本で初めて利用した会員制コミュニティスペース『MUTANT STAND』が2022年10月、都内某所に誕生予定だ。

『MUTANT STAND』は、東京都渋谷区にオフィスを構える「株式会社ON」主体のもと、国内外でのWeb3.0コミュニティの交流や、さらなる活性化を目的として、NFTを中心にWeb3.0と様々なカルチャーを独自の視点からクロスオーバーしたイベントやコンテンツ、グッズ販売などを企画中で、可能性はさらに広がっていくとのこと。これに先駆けて、ティザーサイトがオープン、オンラインストアも近日オープン予定だ。

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)、Eminem(エミネム)、Snoop Dogg(スヌープドッグ)、Stephen Curry(ステファン・カリー)らさまざまなジャンルの著名人が手にする人気プロジェクト「BAYC」や「MAYC」などのジェネレーティブNFTは全てが“一点モノ”となっているため、希少性が高く価格も高騰。2022年3月時点で、総取引数量は約30万ETH(1200億円相当)となっている。それを三次元に登場させた『MUTANT STAND』は、都内からグローバルにWeb3.0の可能性を拡張し、加速してゆく。

TAGS