架空の六畳半アパート音楽プロジェクト「MAISONdes」が担当 アニメ『うる星やつら』オープニングテーマ曲のMV公開

【最もSNSで使われる音楽】を生み出す架空の六畳半アパート音楽プロジェクト「MAISONdes(メゾン・デ)」が担当する、TVアニメ『うる星やつら』オープニング・テーマ「アイワナムチュー feat. asmi, すりぃ」のミュージック・ビデオが公開された。

本楽曲は、2021年にSNSで最も使われた楽曲となった「ヨワネハキ」にも参加しており、MAISONdesへ2度目の入居となるasmiが、ボカロPとして「テレキャスタービーボーイ」などのヒット曲を生み出しているすりぃの楽曲を歌唱している。

MAISONdesが担当していた第1クールの「アイウエ」「トウキョウ・シャンディ・ランデヴ」のMVでもイラストレーターNAKAKI PANTZが書き下ろした『うる星やつら』の“ラム”が登場していたが、今回のMVでもラムが登場しており、MAISONdesの世界観に飛び込んだラムが、まるで楽曲を口ずさみ歌っているかのような演出も取り入れられた作品となっている。

MAISONdesは、先日渋谷にアパートのエントランスが出現し、「アイウエ / トウキョウ・シャンディ・ランデヴ」のジャケットイラストにもなっていたラムのお部屋が実際に再現されるなど、架空の六畳半アパートから遂に現実世界への出現も果たしている他、2023年は1月1日から新曲も発表し、昨年からの勢いを更に増すように、にぎやかな1年のスタートを切っている。

TAGS