人気ゲーム『GTA』のプレイヤーが逝去したミーゴスのテイクオフのバーチャル葬儀を開催

ヒップホップトリオ Migos(ミーゴス)の最年少メンバーであるTakeoff(テイクオフ)が、現地時間11月1日に米ヒューストンで銃撃され亡くなった。まだ28歳という若さでこの世を去ったテイクオフを偲び、多くの『Grand Theft Auto(グランド・セフト・オート)』プレイヤーがオンラインでバーチャル葬儀を行なった。Twitterで告知されたゲーム内のプライベートイベントだが、参加するプレイヤーにはマナーを重視するルールが設けられた。

「今晩テイクオフのお別れ会を開催します。ファンの皆さん、ぜひ3カ所すべてへお越しください。教会とハウスパーティーは全身白コーデ。アフターパーティーはあなたに一番似合ってる格好で参加。殺し合い禁止。ボイスチャット機能を必ず使用。列への割り込みはしない。交通ルールを守る。追突事故を起こさない」

フライヤーには、警備員、霊柩車の運転手、各場所に必要な特定の車なども要求された。Twitterに投稿された画像には、全身白い洋服を着用したキャラや様々な車が写っており、参列したファンがしっかりルールを守っているのがうかがえる。その中の1枚ではテイクオフと同じナンバープレートを付けた霊柩車も見ることができる。さらに当時の動画を見ると、参列したファンが空に向かって銃を撃つ姿や花火が打ち上げられるシーンも確認できる。

ゲーム内でこのように葬儀が開催されるのはテイクオフが初めてではない。2020年、14人の「FINAL FANTASY(ファイナル・ファンタジー)」プレイヤーがコロナで命を落とした人々へ捧げる追悼式をオンラインで行なっている。

テイクオフの実際のお葬式は、アトランタのステートファーム・アリーナで現地時間11月11日に開催され、家族や知人を中心に約2万人が参列した。頻繁にコラボをしていたDrake(ドレイク)に関しては21 Savage(21サヴェージ)とのライブを延期し、友人でもあったテイクオフに敬意を表した。弔辞を述べたジェシー・カーニー三世牧師は「このニュースを聞いてとても悲しくなりました。彼は10歳の時から誠実な教会のメンバーであり、家族ともども熱心に教会とコミュニティーをサポートしてくれました」と心の内を語った。

アメリカではギャングによる著名人をターゲットにした凄惨な殺人事件が相次いでいる。9月に起きたラッパー PnB Rock(PnBロック)逝去の際にはロックのガールフレンドがInstagramのストーリーズに投稿した内容を元にギャングたちが南ロサンゼルスのレストランを襲撃したという話もあり、著名人を含めたSNSとプライバシーの問題がいまあらためて問われている。

TAGS