「日本のアニメからインスピレーションを受けた」 A24史上No.1ヒット作『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』

全世界興収1億ドルを突破した最新作『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(原題:EVERYTHING EVERYWHERE ALL AT ONCE)』が、2023年3月3日(金)より日本公開される。

本作は、本年度のハリウッド批評家協会賞でも作品賞を含む7部門を受賞。アカデミー前哨戦とも呼ばれるゴッサム賞にも多部門でノミネートされ、今最も映画界に旋風を巻き起こしている。

レジェンド女優 ミシェル・ヨーを主演に、『グーニーズ』などで当時一世を風靡したキー・ホイ・クァンが共演。監督は『スイス・アーミー・マン』で凄まじいセンスと才能を発揮したダニエル・シャイナート&ダニエル・クワン(通称:ダニエルズ)。製作には、世界的メガヒット作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』の“ルッソ兄弟”ことアンソニー&ジョー・ルッソが名を連ね、「A24」史上最高傑作を予感させる。

ようこそ、最先端のカオスへ。

破産寸前のコインランドリーを経営するエヴリン(ミシェル・ヨー)は、気が弱く優柔不断な夫、いつまでたっても反抗期の娘、ボケているのに頑固な父を抱え、更に税金申告の締め切りが迫りテンパりモード、まさに人生どん底状態。そんな彼女が国税庁の監査官(ジェイミー・リー・カーティス)に厳しい追及を受けている最中に、突然、夫のウェイモンド(キー・ホイ・クァン)に連れていかれたのはなんと並行世界(マルチバース)。

めくるめく三千世界に迷い込んだ彼女の前に現れたのは、「僕は君の夫じゃない。別の宇宙(ユニバース)から来た“僕”だ」と言う、見違えるようにたくましい夫。さらに「マルチバース全体に巨大な悪が。君だけがそれを止められるんだ」と告げられたエヴリンは救世主へと覚醒?カンフーマスターばりの身体能力を手に入れた彼女は全人類の命運を掛けた壮大な闘いに挑んでいく。

公開された映像では、エヴリンが突然“マルチバース”へジャンプし、女優の様なゴージャスな姿、謎のコスチュームで路上に立ちすくむ姿、そして血だらけの姿まで超高速で七変化する様子、ウェイモンドがヌンチャクのように“ある物”を巧みに操り敵を一掃する超絶カンフーアクション、さらに惑星の衝突や、人間の頭が紙吹雪と共に爆発する様子など、脳みそが溶けてしまいそうな衝撃シーンの連続がジェットコースターのように駆け巡る。

この映画は多くのアジア映画へのラブレターでもあるのです。日本のアニメ作品やあらゆるものからインスピレーションを受けてこの映画を作ったので、日本の皆さんにはぜひ楽しんでもらいたいと思っています。
(ダニエル・シャイナート&ダニエル・クワン監督)

前作『スイス・アーミー・マン』では奇想天外な世界観でありながら、心温まるヒューマンドラマと超絶怒涛のどんでん返しという離れ業で、観る者の記憶に刻まれたダニエルズが、今作ではどんな感動と驚きを与えてくれるのか、期待が高まる。

果たしてエヴリンは全人類を救えるのか?家族の愛を取り戻せるのか?そして随所に登場するグーグルアイ(ギョロ目)は一体何を意味するのか?

「A24」が放つ“カンフー”と“マルチバース”の融合が全人類を救う感涙のアドベンチャー、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』は、2023年3月3日(金)より全国ロードショー。

©︎2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

TAGS