ジャスティン・ビーバーが手がける『drew house』国内初のポップアップストアを開催

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)が手がけるファッションブランド『drew house(ドリューハウス)』が、日本国内初となるポップアップストアを開催する。

『drew house』は、ジャスティンとクリエイティブ・ディレクターのRyan Good(ライアン・グッド)が2018年に設立したファッションブランド。ジャスティンのミドルネーム“drew”からブランド名がつけられている。“気持ちがいいものを着よう”をモットーに作られた、着心地の良いTシャツやフーディなど、良質なストリートウェアを展開しており、ブランドを象徴するスマイリーフェイスのグラフィックもポイントだ。

これまで世界で3回ポップアップを開催してきた『drew house』。今回東京でのポップアップストアの会場は、アメリカ・ロサンゼルス郊外にある彼らのオフィス「House of Drew」を忠実に再現した空間になるという。そして会場では、秋冬コレクションの新作に加えて、今回だけの限定アイテムもリリースされる。

私たちの夢は、世界中の人々にdrew houseを実際に体験できる場所を提供することです。私たちは日本が大好きです。東京でdrew houseを実現できることを楽しみにしています。
(ライアン・グッド)

ポップアップストアは、11月17日(木)〜20日(日)に開催。なお、会場については、今後drew house公式Instagramにて発表予定。

TAGS