A$AP Rocky、“ルールに逆らう”ウィスキーブランド発表

米ニューヨーク出身のラッパー、A$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)が、自身のウィスキーブランド『Mercer + Prince』を立ち上げた。

ロッキーは「ついに『Mercer + Prince』を紹介できて最高の気分だ」と声明を発表。「この10年間、世界中のウイスキーについて学んできたが、ウィスキー業界の伝統に敬意を払い尊重しながらも、これまでのルールに逆らってユニークなものを作りたいと思ったんだ」と、オリジナルウィスキー誕生に込めた想いを明かしている。

『Mercer + Prince』は、アメリカンホワイトオークの樽で4年間熟成させたブレンデッドカナディアンウイスキー。バニラやキャラメル、ベイクドアップルのフレイバーをかすかに感じさせ、さらに特殊な方法で入れ込まれた日本のミズナラ樽の希少な香りも楽しむことができる。

ロッキー、E. & J. Galloとともに開発を手がけたGlobal Brand Equitiesのジェームズ・モリシーCEOによると、「私たちはさまざまなリキッドをテイスティングするというミッションに取り組み、特にロッキーには、ウイスキーのカテゴリーの中でも原産地や国が異なるあらゆる種類のリキッドを40〜50種類テイスティングしてもらった」そう。ブラインドテイスティングの第一の目的は、ロッキーが好む味のプロファイルを探し当てることだったという。

まるでアートピースのようなボトルも印象的な『Mercer + Prince』は、オンラインショップにて29.99ドル(約3,700円)にて販売中だ。

TAGS