朝倉未来「1000万企画軍団」 “1分最強の男”決定戦に参戦か

朝倉未来がかつては拳を交えた「1000万企画」の挑戦者たちと会食。格闘技イベントに改めて出場させる構想もブチ上げた。

YouTube

朝倉は自身のYouTubeチャンネルで動画「1000万企画の出場者全員でBBQしてみた」を公開。ABEMAで放送された、一般公募の挑戦者が朝倉と対決する企画『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』で対戦した久保田覚、後藤祐樹、モハンドラゴン、山田豊二、田中聖らが一堂に会した。

冒頭で朝倉は「去年はいろいろありましたけど、みなさん仲よくなったのでバーベキューしたいなと」と、今回の企画の意図を語ると「みなさんホントに仲間って感じ、仲間が増えた感じ」と和やかな雰囲気で会食はスタート。次々と鉄板で焼かれる高級食材を前に近況を報告し合った。

1000万円企画の調印式では手にツバをつけ、朝倉の頭を掴むという暴挙をしたモハンが「挑戦者たちが全員ワルに見えたのではないか」と質問すると、モハンの試合を見たことがある朝倉は「いい人なんじゃないかなってわかってました」と看破していたことを明かす。モハンは「完璧に悪者を演じられたかと思ったんだけど」と苦笑いする一幕もあった。

そんなモハンは昨年大みそかに開催されたRIZINの記者会見の際に朝倉に連絡し「会長にモハンが出たいって伝えて」と皇治との対決を希望していたことを告白。モハンによると、駅でバッタリ皇治と会った際に対決を望まれたそうで、朝倉は“倒れない男”と“破壊力を持つ男”の「ホコタテ対決」について「本当に決まるかも」と、実現の可能性について推察した。

また、朝倉は自身がスペシャルアドバイザーとして監修し、3月21日に開催される格闘技イベント「BreakingDown」について、1000万企画挑戦者たちの参戦を提案。これにモハンはすぐに「出たいね」と言い放ち、ほかの挑戦者たちも乗り気に。

「1000万企画軍団」を結成して対戦相手を募るという構想に、朝倉は「これはヤバい、めちゃめちゃ盛り上がる大会」「面白いことになりそう。みなさんに対抗してくる人がどんな人が応募してくるのか」と、胸を躍らせていた。

終始笑顔のまま進んだ会食に朝倉は「楽しいですね、平日の昼間から。幸せの中でも本当にレベル1番高いぐらい」と、満足げにコメントした。

TAGS