NFTプロジェクト“Azuki” × AMBUSH®︎ 初のファッションコラボが実現

東京発の世界的ファッションブランド「AMBUSH®︎(アンブッシュ)」と、テクノロジー企業「Chiru Labs」の展開するNFTプロジェクト“Azuki”が、コラボコレクションを発表。

“Azuki”は、米ロサンゼルス発のスタートアップ企業「Chiru Labs」の匿名の4人のメンバーが手がけるNFTプロジェクト。日本のアニメを彷彿とさせるデザインのNFTを発表している。

今回のコラボレーションでは、AMBUSH®︎らしいミニマルなデザイン性と、Web3カルチャーにインスパイアされたコレクションを展開。両者のデザインおよびカルチャーに対する根強い情熱とコミットメントへのオマージュとなっている。アイテムは、フーディーやペンダントなど全4型のコレクションが登場。

プレミアムコットンで作られたシンプルなフーディーには、Azukiが手がける革新的なブロックチェーンオーナーシップ認証技術と連動するPBT(Physically Backed Token)“BEAN”チップが埋め込まれており、チップをスマートフォンにかざすとPBTが造られる仕組みになっている。また、印鑑の形をしたシルバーペンダントは、Azukiの象徴的なドラゴンのグラフィックと、中には“IKZ”(“行くぞ”の略)の刻印が彫られている。このデザインは、Azukiコミュニティのスローガンであり、AMBUSH®︎ネックレス“POW!®︎”のオマージュでもある。数量限定のゴールドペンダントは、細かなデザインで施された金のドラゴンが映えるシンプルな印鑑デザインだ。

Web3技術を通して生活が変化しつつあります。今回のコラボではAzukiのPBT ”BEAN”チップ技術を使うことで、ファッション × Web3の新しい融合を実現できたと思います。
(AMBUSH®︎ 創立者・クリエイティブディレクター/YOON)

今回様々なサブカルチャーの交わりとWeb3技術を、ファッションという視点でAMBUSH®︎と共に探求できることをAzukiは誇りに思います。AMBUSH®︎は大胆で革新的なブランドであり、このコラボはまさに私たちが共通して抱く価値観を見事に反映しています。
(Azuki 創設者/Zagabond)

本コレクションは、11月11日(現地時間)までの期間、Azuki公式サイトにて抽選販売される。当選者は、コレクション内の好きなアイテムを選べる権利が与えられる。

TAGS